姫路

  • 印刷
清元秀泰市長(左)に鈴鹿8耐完走を報告する安達さん=姫路市役所
拡大
清元秀泰市長(左)に鈴鹿8耐完走を報告する安達さん=姫路市役所

 兵庫県姫路市のオートバイレーサー安達勝紀さん(36)が、三重県の鈴鹿サーキットで先月開催された国内最大級のバイクレース「第42回鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)」で完走を達成した。このほど姫路市役所を表敬訪問し、思いを語った。

 鈴鹿8耐は1周5・8キロのコースを、3人のライダーがマシンを乗り継ぎながら8時間走り続ける大会。安達さんは度重なる大ケガで右手に後遺症を抱えながらも、6月の予選を突破し初出走を果たした。

 大会では欧州やアジアの約65チームが集結。途中、チームメイトの転倒などで遅れたが3人で計177周を走り、50位で完走した。

 路面温度60度に達するアスファルト上を約4時間走った安達さん。暑さで何度もめまいがしたが「リタイアだけは考えなかった」という。「どんなけがをしても挑戦し続ければ夢は叶えられると、少しでも多くの人に感じてほしい」と語った。(地道優樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • 8℃
  • 20%

  • 10℃
  • 7℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 10%

  • 12℃
  • 8℃
  • 30%

お知らせ