姫路

  • 印刷
栄養士の手ほどきを受け、兵庫ノリでおにぎらずを作る子どもたち=安室東公民館
栄養士の手ほどきを受け、兵庫ノリでおにぎらずを作る子どもたち=安室東公民館

 兵庫県姫路市の栄養士らでつくる食育グループ「キャロッピー」による食育活動が今年、20年の節目を迎えた。当初は手作りの絵本や紙芝居を持って幼稚園などに出向くことから始め、現在は地元産の食材を使った料理教室と講話を組み合わせた講座で食べることの大切さを伝える。赤、黄、緑のエプロンを着た栄養士らが地域の保育園や公民館を駆け回っている。

 7月31日、安室東公民館(姫路市田寺東)で開かれた食育講座に、小学生ら約20人が参加した。料理教室で使った食材は、県漁業協同組合連合会から提供された兵庫のり。キャロッピーのリーダー中田純子さん(45)が「旬の食材を使うことや、地産地消を心がけています」と説明した。

姫路の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ