姫路

  • 印刷
「住み慣れた場所で生活するサポートを」と話す吉村純彦医師=姫路市本町
「住み慣れた場所で生活するサポートを」と話す吉村純彦医師=姫路市本町

 国立病院機構姫路医療センター(兵庫県姫路市本町)が、がん患者対象の「緩和ケア病棟」を開設した。姫路・西播地域では古くから運営する姫路聖マリア病院に続いて2例目。短期間の入院で症状を緩和し、自宅や施設でのケアにつなげる。担当医師は「患者が終末期を過ごす場所としてでなく、病気と共存しながら住み慣れた場所で生活するためのサポートをしたい」と話す。

 がん患者を中心に、完治よりも痛みを和らげながら医療を受ける「緩和ケア」への需要が近年高まっている。姫路・西播には姫路聖マリア病院しか専門の医療機関がなく、受け皿が不足していた。

姫路の最新
もっと見る

天気(11月12日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ