姫路

  • 印刷
黒田官兵衛の兜からデザインした巨大飾りごまを持つ村岡正樹さん=姫路市東延末
拡大
黒田官兵衛の兜からデザインした巨大飾りごまを持つ村岡正樹さん=姫路市東延末

 姫路ゆかりの戦国武将・黒田官兵衛の兜の色にちなんだ飾りごまを、伝統工芸品「姫路独楽」の職人村岡正樹さん(53)=兵庫県姫路市=が制作した。官兵衛が愛用したと伝わる「銀白檀塗合子形兜」を参考に、黒、赤、金の3色で艶やかに塗り上げた。(地道優樹)

 姫路独楽は江戸後期から作られ、縁起物としても重宝された。村岡さんはろくろと鉋を使った独楽作りの技を継承する「姫路独楽伝承会」の会長を務め、昨年から飾りごまも手掛ける。

 国産のミズメザクラを削った飾りごまは直径15センチと21センチの2種類。通常遊びで使うこまの2、3倍の大きさに相当する。中心には鉄芯を通し、重さはそれぞれ約800グラムと約2キロある。

 官兵衛の兜は光沢のある赤褐色が特徴で、銀箔を施した上から透き漆をかける技法「白檀塗り」が用いられている。村岡さんはこまの中心部分に銀色の塗料の上から漆を塗ることで、兜に似た色合いを表現した。

 乾燥させながら手作業で何度も重ね塗りするため、1個作るのに最短でも約1カ月を要し、現在までに計12個を完成させた。

 飾りごまには「子どもが独り立ちできるように」「仕事や家庭がうまく回るように」といった願いが込められているという。村岡さんは「正月飾りや新築祝い、男児の初節句。播磨で昔からあった姫路独楽を贈る風習を広く知ってもらいたい」と話す。

 制作を依頼した同市東延末3の人形販売店「姫路駅南 人形のかきうち」で販売。大サイズは11万3千円円、小サイズが8万9800円(税込み)。同店TEL079・281・8606

姫路の最新