姫路

  • 印刷
黄金の稲穂やヒガンバナに囲まれたソバ畑=姫路市夢前町新庄
拡大
黄金の稲穂やヒガンバナに囲まれたソバ畑=姫路市夢前町新庄

 兵庫県姫路市夢前町新庄で地元の営農組合が栽培したソバの花が咲き誇っている。稲穂やヒガンバナに囲まれた純白の畑は、鮮やかな“秋色三重奏”を織りなしている。

 新庄中営農組合(東影正好組合長)は10年ほど前からソバの栽培に取り組み、今年は8月下旬に約4ヘクタールの畑に種をまいた。発芽時期に大雨が重なって種をまき直すなど、天候に悩まされた。

 生産者(69)は「ヒガンバナと一緒に写真が撮れるので見に来る人が多い。季節感があっていいでしょう」とにこやか。花の見ごろは来月中旬までだという。

 新庄地区などで収穫されたソバの実は農業法人「夢前夢工房」に出荷される。同市夢前町神種の農業体験施設「夢やかた」のレストランなどで提供される。同施設TEL079・336・1585

(小林良多)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ