姫路

  • 印刷
動画一覧へ
体を寄せ合うコツメカワウソの赤ちゃん=姫路セントラルパーク
拡大
体を寄せ合うコツメカワウソの赤ちゃん=姫路セントラルパーク

 姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市豊富町神谷)で、コツメカワウソの四つ子(雄1匹、雌3匹)が誕生した。ふさふさの毛に覆われた体をくっつけ合い、すくすくと成長中。12日から園内の「ウオーキングサファリ」で一般公開する。

 コツメカワウソはイタチの仲間で、主に東南アジアの水辺に生息する。足に小さな爪があるのが特徴。川魚やカニなどを食べる。

 四つ子の母親は2016年にも四つ子を産んだ6歳の「アイ」で、父親は11歳の「チップ」。8月18日に生まれた。

 生後しばらく両親と一緒に過ごし、母親の母乳を飲んでいたが、体重がなかなか増えなかったため、9月13日から人工保育に入り、園内の動物病院で飼育員5人体制で育てている。1日5回、ほ乳瓶で人肌ぐらいの温度のミルクを飲む。

 現在は4匹とも体重約340グラムまで成長。体長も30センチ程になり、ころころと転がるなど赤ちゃんらしい姿を見せる。寝る時もぴったりと体を寄せ合うほど仲が良いといい、担当飼育員(28)は「ミルクをやる際に1匹だけ離すと不安になって泣いたりもする」と目を細める。

 全面ガラス張りの小屋を新調し、公開する予定。姫路セントラルパークTEL079・264・1611

(地道優樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ