姫路

  • 印刷
姫路の将来に向けたアイデアを深掘りする参加者ら=姫路市本町
拡大
姫路の将来に向けたアイデアを深掘りする参加者ら=姫路市本町

 姫路の若者らが、地元の将来を思い描く「ひめじ創生カフェ」(兵庫県姫路市主催、神戸新聞社共催)が17日、姫路市本町であった。10~30代の18人が参加し、まちの活性化策などを具体的に深掘りした。

 2016年に市が策定した「ひめじ創生戦略」の推進に、若い世代の声を反映させようと企画。今年は8月21日に初会合を開き、約100人が「近未来のひめじで実現したい『コト』を描こう」をテーマに意見を交わした。

 この日は「深掘りフォロー会議」として、興味や関心が集まったテーマに絞った。イベント▽活性化▽くらし-の3グループに分かれ、具体的な取り組みなどを話し合った。

 「活性化」のテーブルでは、商店街を中心に議論が進み、店舗を経由する姫路城ツアーや、古民家が残る野里商店街のPRなどのアイデアが出た。「商店街のイベントといえばお酒ばかりで、未成年も楽しめるような企画が必要」との意見もあった。(小川 晶)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ