姫路

  • 印刷
焼き野菜。石窯で焼くと根菜の甘みがぐっと強まるという=姫路市夢前町前之庄
拡大
焼き野菜。石窯で焼くと根菜の甘みがぐっと強まるという=姫路市夢前町前之庄
地元産の珍しい野菜が売りの「農家野菜BAR」。季節に応じて内容は多彩に変わる=姫路市夢前町前之庄
拡大
地元産の珍しい野菜が売りの「農家野菜BAR」。季節に応じて内容は多彩に変わる=姫路市夢前町前之庄

 兵庫・姫路の奥座敷、塩田温泉郷。1963年創業の老舗旅館「夢乃井」に、地元の若手農家が育てた個性派野菜を食べられる「バー」がある。なぜ、野菜のバーなのか。取材すると、地元企業と農家の連携や老舗としての戦略が見えてきた。

 カーリーケール、エンダイブ、紫からしな…。聞き慣れない名称の野菜がボウルに盛られて並ぶ。「お客さんにも驚かれます。『これ、どんな味なの?』って」。旅館内レストラン「康貴(こうき)」の責任者上田博和さん(53)が笑う。

 かつて塩田温泉郷に旅館は5軒あったが、現在は2軒に減った。夢乃井も客層の新規開拓を迫られる中、昨年、レストランメニューを刷新することになり、市内の若手でつくるグループ「農家HANDS(ハンズ)」に協力を依頼。それまで鍋料理や茶わん蒸しなどの旅館料理が中心だったが、女性客のランチ利用をターゲットに「農家野菜BAR(バー)」を始めた。

 同町で活動するハンズのメンバーも多いことから、葉物や根菜、米など多彩な農産物を直接仕入れる。新鮮な葉物はサラダに使い、ズッキーニやサツマイモなどは石窯で焼いて甘みを引き出し、岩塩やオリーブオイルを添える。

 町内で栽培した米を卸すハンズ会長の飯塚祐樹さん(40)は「グループを前面に出して農産物を使ってくれるのはありがたい。地元農業の盛り上がりにもつながれば」と話す。

 夢乃井の企画担当者、一ノ瀬美穂さん(39)は「格式の高さは旅館の強みである一方、気軽な利用方法も提案したかった。温泉でデトックスした後、地元野菜を使ったヘルシー料理を食べてもらう。日帰りリゾートのように楽しんでいただければ」と期待する。

 野菜バーは税込み1540円。ステーキなどのメイン料理とセットにもできる。午前11時半~午後2時、金曜定休。夢乃井TEL079・336・1000

(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 6℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ