姫路

  • 印刷
自らの体験で得た気付きを英語でスピーチする生徒=姫路市今宿
拡大
自らの体験で得た気付きを英語でスピーチする生徒=姫路市今宿

 「第27回琴丘杯中学生英語スピーチコンテスト」(神戸新聞社後援)が16日、兵庫県姫路市今宿の琴丘高校であった。姫路・西播地域の13校から15人が出場。思いを込めた語り口に約100人が聴き入った。

 中学生の英語力向上に貢献しようと同校が毎年開催している。スピーチは内容に加え、身ぶりなどの伝え方、英語の分かりやすさなどを基準に審査される。

 登壇した生徒は社会問題になっているフードロス、震災を機に離れた古里福島への思いなどを3分間のスピーチで発表した。5歳から始めたフラダンスを通じ、人との出会いや、見た人に元気を与える大切さを語った神南中3年の野村凜音さん(14)が最優秀の姫路市教育長賞に選ばれた。(松本茂祥)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ