姫路

  • 印刷
一般公開が始まった2匹のコアリクイ=姫路セントラルパーク
拡大
一般公開が始まった2匹のコアリクイ=姫路セントラルパーク

 姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市豊富町神谷)でこのほど、コアリクイの子ども2匹(雄と雌)の一般公開が始まった。飼育は初で、仲良くじゃれ合う姿や、時々見せる「威嚇のポーズ」が人気を集めている。

 コアリクイは主に南米に生息。雑食だがアリなどを好んで食べる。前足と後足にある鋭い爪でアリ塚に穴を開け、長く伸びた鼻と舌を使って絡め取る。

 2匹は雄の「クーイ」と雌の「アリー」。南米ガイアナの野生個体で、7月に同パークにやって来た。飼育員が朝夕、ペースト状にした蒸し野菜にアリを混ぜた餌を与えている。

 いずれも全長約90センチまで成長し、体重は4キロほど。担当飼育員の山崎倫央(みちひろ)さん(30)は「2匹ともよく動くので観察しがいがある。後ろ足で立ち上がる『威嚇のポーズ』の時には、尻尾を使って器用にバランスを取る」と解説する。

 ウオーキングサファリで公開。姫路セントラルパークTEL079・264・1611

(地道優樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 70%

  • 17℃
  • 8℃
  • 70%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 50%

お知らせ