姫路

  • 印刷
島内治彦さんが撮影した姫路城の写真が楽しめる2020年版カレンダー=姫路市船津町
拡大
島内治彦さんが撮影した姫路城の写真が楽しめる2020年版カレンダー=姫路市船津町
島内治彦さんが撮影した姫路城の写真が楽しめる2020年版カレンダー=姫路市船津町
拡大
島内治彦さんが撮影した姫路城の写真が楽しめる2020年版カレンダー=姫路市船津町

 長年、世界文化遺産・国宝姫路城の撮影を続ける兵庫県姫路市の写真家、島内治彦さん(60)の作品を掲載した2020年版カレンダーが完成した。

 B4判のカラー刷16ページ。表紙には真っ青な空に映える白亜の城を据え、1~2月は朝焼けをバックに輪郭を現す天守閣を採用した。ピンクの八重桜や真っ赤なモミジ、雪との競演など、城を知り尽くした島内さんならではの写真が楽しめる。

 カレンダーは以前、半世紀にわたって姫路城を撮り続け、2012年に70歳で亡くなった北村泰生さんの作品を掲載していた。北村さんを慕い、18年版から撮影を引き継ぐ島内さんは「四季折々の自然風景に応じて表情を変える姫路城を楽しんでほしい」と話す。

 1100円(税込み)。問い合わせはマス・ブレーンTEL079・296・4305

(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 40%

  • 12℃
  • 0℃
  • 40%

  • 12℃
  • 3℃
  • 40%

  • 11℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ