姫路

  • 印刷
公演に向けて稽古を重ねる部員ら=姫路市本町
公演に向けて稽古を重ねる部員ら=姫路市本町

 兵庫県姫路市野里生まれの詩人・大塚徹(1908~76年)の半生を描いた創作劇「ぽつねん」が24日、同市増位新町の花の北市民広場で上演される。夜間定時制の姫路北高校(姫路市本町)演劇部のOBが脚本・演出を担当し、部員が大塚らを演じる。脊椎カリエスを患いながらも、詩作に生涯をささげた大塚の魅力を伝えようと、部員らが稽古に励んでいる。

 2005年に創設された同部は県内の定時制高校で唯一の演劇部。現在は1~4年の部員6人とOB3人が活動する。

姫路の最新
もっと見る

天気(8月6日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 10%

  • 38℃
  • 22℃
  • 10%

  • 35℃
  • 26℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 10%

お知らせ