姫路

  • 印刷
解禁日に水揚げされたイカナゴのシンコ。平年を大幅に下回る不漁で浜の活気はいまひとつ=姫路市白浜町
拡大
解禁日に水揚げされたイカナゴのシンコ。平年を大幅に下回る不漁で浜の活気はいまひとつ=姫路市白浜町
漁獲量が少なく、予約しても購入できない事態を説明する掲示=姫路市白浜町
拡大
漁獲量が少なく、予約しても購入できない事態を説明する掲示=姫路市白浜町

 播磨灘西部で2日、イカナゴのシンコ(稚魚)漁が解禁された。事前の試験操業で魚影が薄く、当初の解禁日を2日遅らせての出漁だったが、妻鹿漁港(兵庫県姫路市白浜町)での初日の水揚げ量は不漁だった昨年の3割程度と低調な結果に。浜には漁業関係者のため息が広がった。

 同漁港には県内最多の計約200隻を擁する同市の坊勢、家島漁協が水揚げ。夜明けの午前6時20分から網を入れ、同8時すぎから運搬船が漁港に姿を見せ始めた。シンコは5~6センチとこの時期としては大きめ。暖冬で水温が高く、減少した個体数に対し、餌が豊富だった影響とみられる。

 坊勢漁協によると、この日の水揚げは約8・5トン。漁期を大幅に短縮した昨年を大きく下回り、2017年から続く不漁傾向は好転しなかった。1籠(25キロ入り)は7万5千円~10万円で、昨年を1万円以上も上回る高値が付いた。シンコはトラックで市内や神戸のスーパーなどに運ばれた。

 同漁港内の「JFぼうぜ 姫路とれとれ市場」では予約者優先で1キロ3800円で販売されたが、入荷量が少なく、9人が買えただけ。来年以降は予約の受け付けもやめ、店頭売りに限定するという。

 先月29日に解禁された大阪湾と播磨灘東播磨でも水揚げが振るわず、明石の漁協では初日の漁獲量がゼロという事態に。坊勢漁協の担当者は「予想はしていたが漁獲量が少ない。漁期の短縮も視野に検討が必要かもしれない」と険しい表情だった。(松本茂祥)

姫路の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ