姫路

  • 印刷
姫路大学の名前を加えた新しい駅名標=姫路市大塩町
拡大
姫路大学の名前を加えた新しい駅名標=姫路市大塩町

 山陽電鉄(神戸市長田区)は、駅の名称に近隣の企業名などを加える広告事業の一環として、兵庫県姫路市大塩町の大塩駅に「姫路大学前」の副駅名を付けた。6日に構内の看板5基の掛け替え作業を行った。

 同社は2018年に副駅名の命名権の販売を開始。沿線では網干線平松駅(同市大津区)で電炉大手「大和工業」、本線江井ケ島駅(明石市)でアスファルトプラント大手「日工」の名称が採用された。

 同大学は大塩駅から約800メートル南にあり、1日最大500人の学生が利用。大学が広告主となり、副駅名を付けた。

 同駅では来年3月末の完成を目指し、駅舎橋上化などの工事が進む。同社鉄道営業部の森崎利幸さん(56)は「名称を含めて地域の利用客に親しまれる駅を目指したい」と話した。(小林良多)

姫路の最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ