姫路

  • 印刷
塩素系漂白剤を使った簡易消毒液。市が動画で作り方を紹介している=姫路市役所
拡大
塩素系漂白剤を使った簡易消毒液。市が動画で作り方を紹介している=姫路市役所

 新型コロナウイルスの感染拡大でアルコール消毒液の需要が高まる中、兵庫県姫路市は簡易消毒液の作り方を紹介する動画を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。塩素系漂白剤を水で薄めるだけという手軽さで、「家の中での消毒に役立てて」としている。

 動画では、市広報推進員が手荒れ防止用のゴム手袋を着けて実演している。

 まずは次亜塩素酸ナトリウムが5~6%ほど入った漂白液をペットボトルのふたに7割ほど(約5ミリリットル)注ぎ、500ミリリットル容器へ投入。続いてそこへ水道水をあふれない程度に満たし、よく振って混ぜる。これで濃度0・05%の消毒液が完成する。

 推進員はキッチンペーパーに染みこませてから机やドアノブを拭き、5~10分後に水拭きする消毒の流れを紹介。注意点として、酸性タイプの洗浄液や食酢、アルコールなどと混ぜると有毒ガスが発生することなどを説明する。手荒れの原因になるため「手指の消毒には使わず、身の回りの床やドアノブなどの消毒に活用を」とも呼び掛ける。

 動画は5分19秒。姫路市の公式ユーチューブチャンネルで公開している。詳しい作り方は市のホームページにも掲載している。(地道優樹)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

姫路の最新
もっと見る

天気(6月2日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ