姫路

  • 印刷
手続きの新規受け付けが停止された窓口。戸惑う市民の姿も=姫路市役所
拡大
手続きの新規受け付けが停止された窓口。戸惑う市民の姿も=姫路市役所

 1人10万円を配る「特別定額給付金」のオンライン申請が始まった兵庫県姫路市役所で、マイナンバーカードに関する手続きに市民が殺到し、業務時間中に新規の手続きを打ち切る事態が続いている。担当者は「国のシステムが不安定で、処理しきれないため」とし、郵送での申請を推奨している。

 オンライン申請の受け付けは4日に始まった。市住民窓口センターによると、大型連休が明けた7日以降、マイナンバーカードの新規交付や、給付金の申請に必要な手続きで多くの市民が窓口を訪れるようになったという。

 その影響もあり、パスワードの再設定や電子証明書の新規発行などに伴うシステムの処理速度が大きく低下。開庁日の7、8、11日は、3日連続で通常の午後5時20分よりも早い午後2~3時に受け付けを終了した。

 担当者は「市が使用する国のシステムがスムーズに動かず、さらなる混雑を避けるためには停止せざるを得なかった」と説明。今のところ、12日以降も改善の見通しは立っておらず、「(20日から始まる)郵送での給付金申請を」と呼び掛ける。

 給付金の手続きについては、専用のコールセンター(TEL079・221・1501)に10日時点で1864件の問い合わせが寄せられている。

(小川 晶)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

姫路の最新