姫路

  • 印刷
端正な姿と甘い香りで来園者を迎える800種のバラ=姫路市豊富町豊富
拡大
端正な姿と甘い香りで来園者を迎える800種のバラ=姫路市豊富町豊富

 800種のバラが競演する兵庫県姫路市豊富町豊富の「姫路ばら園」が、今季の営業をスタートさせた。新型コロナウイルスの影響で予定より1週間ほど遅れたが、待ちわびたファンらが春バラの華麗な世界を楽しんでいる。

 経営する上野昭子さん(78)は1977年、交通事故で急逝した大学生の息子をしのび、亡き夫とともにばら園を造った。市川沿いの約2千平方メートルに約3500株がそろう。

 今年は9日の開園を予定していたが、兵庫県による休業要請の対象施設となり延期。各週末に企画した演奏などのイベントはすべて中止とした。要請解除を受け、感染予防の対策を講じた上で営業を決めた。

 園内では国内外から集めた品種が鮮やかに咲き誇り、今月下旬のピークへ向けて花の数は一層増えるという。欧州の王族や映画女優の名を冠した大輪は高貴な印象で、見応えも十分。日本産の中には「播州一」のネーミングもある。

 6月中旬まで。午前9時半~午後3時半。入園料は中学生以上500円、小学生300円。TEL079・264・4044

(小林良多)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

姫路の最新
もっと見る

天気(6月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ