姫路

  • 印刷
北海道の旭山動物園に引っ越すことになったホクト=姫路市立動物園
拡大
北海道の旭山動物園に引っ越すことになったホクト=姫路市立動物園
北海道の旭山動物園に引っ越すことになったホクト=姫路市立動物園
拡大
北海道の旭山動物園に引っ越すことになったホクト=姫路市立動物園

 姫路市立動物園(兵庫県姫路市本町)で25日、北海道の旭山動物園へ引っ越す雄のホッキョクグマ「ホクト」の送別会が開かれた。新型コロナウイルスの影響で休園中のため、出席は園職員ら関係者のみ。ささやかな会ながら、18年間の活躍をねぎらい、「頑張ってこいよ」とエールを送った。

 ロシア生まれのホクトは2002年3月、セルビア出身で雌の「ユキ」とともに同園にやってきた。ユキは2度出産したものの子どもはすぐに死に、2頭とも繁殖可能年齢の終わり(20歳前後)に近づいたため、ペアを代えて繁殖を促すことになった。

 ユキは19年3月に秋田県の男鹿(おが)水族館へ、続いてホクトも今月30日に新天地へ出発する。

 送る会では夏の恒例行事だった氷柱のプレゼントがあり、ホクトは最後の時間を惜しむように氷と戯れた。約10年間飼育を担当し、ホクトの旅立ちを知って「食事が喉を通らないくらい落ち込んだ」という千本(ちもと)泰輔さん(46)は「後は旭山動物園に託し、待望の赤ちゃんが生まれることを願っている」と惜別の言葉を述べた。(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ