姫路

  • 印刷
「ちゅうしゃじょう」と読む立て札=神河町上小田
拡大
「ちゅうしゃじょう」と読む立て札=神河町上小田

 オフシーズンの茶色いゲレンデを抜けた先に、緑豊かなキャンプ場が広がる。臨時休業から明けた兵庫県神河町上小田の「峰山高原リゾート」。家族連れらがくつろぐ様子を取材しに向かったところ、小さな立て札を見つけた。

 横書きで「車場」の2文字。左端には、文字と同じ大きさで、無表情のネズミの絵が描いてある。何と読むのだろうか。

 「くるまば」「しゃじょう」。違うなあ…。「しゃば」。うーむ…。巣ごもりの影響か、思考が進まない。尋ねてみると、アルバイト従業員が昨春、制作したものだという。

 そこへ、女性客の声が。「みてみて、駐車場やって。かわいー」。ネズミの鳴き声で「チュウ」。子ども心を失っていました。

 反省チュウ。(井上太郎)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 30℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

お知らせ