姫路

  • 印刷
植栽から足かけ11年。ようやく開花した「ジャカランダ」=姫路市手柄
拡大
植栽から足かけ11年。ようやく開花した「ジャカランダ」=姫路市手柄
植栽から足かけ11年。ようやく開花した「ジャカランダ」=姫路市手柄
拡大
植栽から足かけ11年。ようやく開花した「ジャカランダ」=姫路市手柄

 国内での栽培は難しいとされる南米原産の花木「ジャカランダ」が、姫路市立手柄山温室植物園(兵庫県姫路市手柄)で初めて咲いた。世界三大花木の一つに数えられ、2010年の植栽から足かけ11年でようやく開花。高さ3メートルの大きな木に、淡い青紫色の花が涼しげに揺れている。

 ジャカランダは熱帯や亜熱帯の地域では街路樹として親しまれているが、寒さに弱く日本では育ちにくいと言われる。5本を植えた同園でもなかなか花が咲かなかったが、粘り強く見守ってきた。

 待ちわびた「その時」は6月中旬に訪れた。職員の一人が、花がほころんでいるのに気付いた。開花したのは2本。約20年間、散歩で訪れている同市の男性(73)は「いつ咲くのかなと思っていたのでうれしい」と写真を何枚も撮っていた。

 「珍しい花をぜひ見にきて」と山田宏樹副園長(50)。6月中は楽しめる見込みという。午前9時~午後5時。金曜休園。大人210円。市立手柄山温室植物園TEL079・296・4300

(安藤真子)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ