姫路

  • 印刷
姫路市役所=姫路市安田4
拡大
姫路市役所=姫路市安田4

 兵庫県姫路市は16日、同市消防局姫路西消防署に勤める20代の男性消防士が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。17日には、市内に住む30代の男性会社員から陽性反応が出たことも判明し、市が確認した感染者は累計で50人となった。

 市によると、消防士は14日にのどの痛みが出て、翌15日に37度の発熱が確認された。現在は頭痛などがあるが、軽症という。

 直近の勤務は12日で、救急搬送担当として5件4人の患者に対応した。市は、消防士がマスクや手袋などを着用していたとして、患者への感染の可能性は低いとみている。患者側に、新型コロナとみられる症状もなかったという。

 消防士は、公休などで5日以降の出勤は12日だけだった。市は、他の署員70人を対象にPCR検査を実施し、17日午後3時までに68人の陰性を確認。濃厚接触者ら4人を自宅待機としている。16日に会見した清元秀泰市長は「他の署からの応援などで救急態勢は維持できている。感染防止策もしっかり取っており、安心して119番を利用してほしい」と述べた。

 17日に感染が公表された会社員は、市内の企業で内勤業務に就いていた。11日に37度台の発熱があり、翌12日以降は自宅で療養。関節痛などの症状も出たが、軽症という。(小川 晶)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

姫路の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ