姫路

  • 印刷
愛称通り「しばふ」と名付けられた雌のチーター=姫路市豊富町神谷
拡大
愛称通り「しばふ」と名付けられた雌のチーター=姫路市豊富町神谷
来園者を前に開かれた命名式=姫路市豊富町神谷
拡大
来園者を前に開かれた命名式=姫路市豊富町神谷

 兵庫県姫路市の姫路セントラルパーク(姫セン)で3月に誕生したチーターの名前が「しばふ」に決まり、18日、来園者を前に命名式が開かれた。コロナ禍による休園中、会員制交流サイト(SNS)などで先行して付けられていた愛称が正式名として採用された。

 雌の赤ちゃんチーターの公開は4月5日に始まったが、直後に緊急事態宣言を受けて休園に。成長する様子をSNSでライブ配信したところ、自宅で過ごす人らの間で人気に火が付いた。動き回って画面から姿が消え、背景の人工芝だけが写る様子から「しばふちゃん」の愛称が広がった。

 6月から始まった名前の募集には3千件を超す応募があり、本命の「しばふ」は3割近くを占めた。この日、正式に名前がお披露目されると集まったファンらから拍手が沸き起こった。

 SNS上の仲間たちと見守ってきた姫路市の主婦(46)は「親しみを持っていた名前なのでうれしい。立派に育つ姿を見てわが子のように感動しました」と目を細めていた。(小林良多)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ