姫路

  • 印刷
ふりかけの中に入っていた異物の一つ(姫路市提供)
拡大
ふりかけの中に入っていた異物の一つ(姫路市提供)
異物混入が判明したふりかけ=姫路市役所
拡大
異物混入が判明したふりかけ=姫路市役所

 兵庫県姫路市は20日、新型コロナウイルスの経済対策として、ひとり親家庭に届けたノリのふりかけに、プラスチック片のようなものが混入していたと発表した。市は商品を食べないよう各家庭に通知するとともに、回収を検討している。

 市によると、異物が混入していたのは、広島市の「やま磯」が年間約110万個製造している「さるかに合戦」。姫路市内産のノリが使われており、家島漁協を通じて市が購入。米やそうめんなど他の地場産品と合わせて6月15日以降、計2652世帯に配達した。

 今月16日、そのうちの1世帯から異物混入の連絡があり、市などが調査。透明なプラスチック片とみられる1~2センチ程度の異物が3点入っていたことが分かり、注意を喚起する文書を20日付で発送した。

 市の担当者は「製造過程で混入した可能性が高い」とし、やま磯の調査報告を待って回収などの対応を決めるという。市産業局TEL079・221・2622

(小川 晶)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ