姫路

  • 印刷
感謝状を受け取る位田芳江さん=網干署
拡大
感謝状を受け取る位田芳江さん=網干署
普段から詐欺被害を防止しようと心掛けている平岡政彦さんと中務尚子さん=姫路署
拡大
普段から詐欺被害を防止しようと心掛けている平岡政彦さんと中務尚子さん=姫路署

 特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、兵庫県警網干署と同県警姫路署は、同県姫路市内のコンビニ2店の店員に感謝状を贈った。ともに高額な電子マネーの購入に詐欺の可能性を察知したといい、日頃からの高い防犯意識が生きた格好だ。

 網干署から感謝状を受け取ったのは、ローソン広畑東新町店(同市広畑区東新町1)の店員位田芳江さん(61)。

 6月中旬、高齢の男性客に電子マネーの購入方法を質問された。理由を尋ねると「パソコンがウイルスに感染し、直すためには電子マネー2万円分が必要」との説明だった。以前、同署員から啓発を受けていた位田さんは詐欺と直感。警察への相談を勧めたといい「助言したことで相談に行ってくれたことが本当にうれしい」と喜んだ。

 一方、姫路署が感謝状を贈ったのは、ファミリーマートのジミー姫路市役所南店(同市佃町)と、店員の中務尚子さん(55)。

 5月下旬、女性が15万円分もの電子マネーを購入しようとした。義理の弟が「アダルトサイトの閲覧料42万円が未納。今なら15万円のウェブマネーでよい」との電話を受けた-と女性が話したため、対応した中務さんが店長の平岡政彦さん(50)に相談した。

 平岡さんは「今購入すれば、次々と被害に遭う可能性がある」と伝え、110番。同店も日頃から店員の啓発に力を入れているといい、「1件、1円でも被害を減らしていきたい」と話していた。(安藤真子)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ