姫路

  • 印刷
クイズ形式で姫路城の成り立ちや歴史が学べる自由研究帳=姫路市役所
拡大
クイズ形式で姫路城の成り立ちや歴史が学べる自由研究帳=姫路市役所

 姫路城を訪れた小学6年生以下の子どもを対象に、兵庫県姫路市が「自由研究帳」を無料で配っている。城の仕組みや成り立ち、歴史をクイズ形式で学習できる。新型コロナウイルス対策として、屋外の見学のみでも楽しめるよう工夫している。

 夏休みの自由研究の手助けになればと2018年度に市が企画し、好評だったため20年度版の発行を決めた。城内を巡りながらクイズを解けるよう趣向を凝らす一方、新型コロナの影響で天守や櫓(やぐら)に入らなくても答えられるようヒントを微修正した。

 質問は、写真やイラスト付きで全25問。「西の丸にある長い廊下の呼称は」「大天守にしゃちほこは何個あるか」といった施設の構造の確認が多い。石垣の工事を手掛けた戦国武将など歴史に絡む問いのほか、姫路城で人気の自動販売機や、城内に設置されたスプリンクラーの個数など最近の動向からの出題もある。

 姫路城の謎や、意外と知られていない事実を取り上げた「豆知識」のコーナーでは、世界文化遺産に登録されている城の希少性や、大天守の構造などを紹介。見学資料室に常設されているスタンプの台紙も付いている。

 A5判34ページで、入城口で5千部を配布し、なくなり次第終了。市姫路城管理事務所TEL079・285・1146

(小川 晶)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ