姫路

  • 印刷
「貫」の一部が崩落した稲岡神社の鳥居=姫路市青山2
「貫」の一部が崩落した稲岡神社の鳥居=姫路市青山2

 31日深夜、兵庫県姫路市青山2で、稲岡神社の鳥居(高さ約7メートル、幅約8メートル)の一部が崩落しているのを付近の住民が見つけた。老朽化が原因とみられ、けが人や周辺への被害はなかった。

 青山自治会などによると、柱の上部をつなぐ長さ約5メートルの「貫(ぬき)」の一部が参道をふさぐように落下。御影石製で重さは数トンとみられ、貫に取り付けられていた神社名を記す「扁額(へんがく)」も外れた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

姫路の最新
もっと見る

天気(6月24日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ