姫路

  • 印刷
絵本の世界を模して古書店で結婚式を挙げた山本秀生さんと緑さん(後列左から2人目と3人目)=おひさまゆうびん舎
拡大
絵本の世界を模して古書店で結婚式を挙げた山本秀生さんと緑さん(後列左から2人目と3人目)=おひさまゆうびん舎

 コロナ禍(か)で結婚式ができなかった兵庫県姫路市内の愛書家カップルが、同市本町の古書店「おひさまゆうびん舎」で手作りの式を挙げた。絵本の世界観になぞらえた趣向で、森の生き物にふんした常連客らが集い、2人を祝福した。

 介護福祉士として働きながら「ひでぴ~」の愛称で音楽イベントなどを主催する山本秀生さん(35)と絵本作家の緑さん(37)。2人は一昨年1月、同店の絵本イベントで出会った後、恋に落ちた。今年2月に入籍するも挙式はかなわずにいたところ、同店の窪田泰子店長の発案でオリジナルの式が実現した。

 式は、とみながまいさんの絵本「あなふさぎのジグモンタ」をイメージして進行。洋服の穴をふさぐ名人ジグモのジグモンタが神父役を務め、2人は物語の最後に結婚するハリネズミの仮装で愛を誓った。3密を避けて7人に絞った招待客も、ウサギやカエル、テントウムシなどの衣装で門出を見守った。

 古い物を大切にする登場人物にあやかり、母親が昔着たウエディングドレスで臨んだ緑さんは「大好きな絵本に囲まれて結ばれることができ、この上なく幸せ」とにっこり。秀生さんも「一度はあきらめた式だったけれど、一生忘れられない最高の日になりました」と参加者に感謝した。(平松正子)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

姫路の最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 12℃
  • 3℃
  • 50%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 12℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ