姫路

  • 印刷
姫路市身体障害者囲碁・将棋・オセロ大会=姫路市総合福祉会館
拡大
姫路市身体障害者囲碁・将棋・オセロ大会=姫路市総合福祉会館

 視覚や聴覚、肢体に障害のある人たちが交流する「姫路市身体障害者囲碁・将棋・オセロ大会」(神戸新聞厚生事業団後援)がこのほど、姫路市総合福祉会館(兵庫県姫路市)で開かれ、市内の25人が盤上で熱戦を繰り広げた。

 NPO法人「姫路市身体障害者福祉協会」が主催。将棋は駒の側面に点字を、囲碁は白黒それぞれの石にしるしを付けた。オセロは表面に凸凹のある石を使った。障害の種類を問わずトーナメントなどで対戦。コロナ感染防止のため、ビニール製のついたてを設置した。

 今年が初参加という男性(77)はオセロ大会に出場。「オセロをするのも2回目。1回戦で負けたけど、楽しいです」と笑顔を見せた。

姫路の最新
もっと見る

天気(10月1日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ