姫路

  • 印刷
日傘を差して足早に歩く通行人ら=姫路市駅前町
拡大
日傘を差して足早に歩く通行人ら=姫路市駅前町

 兵庫県の播磨地域は31日も高気圧に覆われ、ほぼ全ての観測地点で最高気温が35度以上の「猛暑日」となった。神戸地方気象台によると、同県姫路市では午後0時38分に観測史上最高の38・0度を記録。これまでは2006年の37・7度が最高だった。

 JR姫路駅北側の広場では水遊びを楽しむ子どもたちの姿も見られ、長男(1)らと訪れた女性=姫路市=は「マスクをしていると余計に暑く感じる。水遊びができて子どもも喜んでいると思います」。駅前では通行人が日傘や手で日差しを避けながら、うんざりした表情で目的地へ向かっていた。

 31日は福崎でも38・2度を観測し、この日の国内トップに。同気象台によると、県南部は9月1日も猛暑日となる地点が多い見込みという。(山本 晃)

姫路の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ