姫路

  • 印刷
キーホルダーを手にアピールする森元伸祐さん=森の湯
拡大
キーホルダーを手にアピールする森元伸祐さん=森の湯

 JR姫路駅近くの老舗銭湯「森の湯」(兵庫県姫路市南駅前町)が、下足札型のキーホルダーなどオリジナルグッズ5点を商品化し、インターネットを通じて通信販売を始めた。発案した森元伸祐さん(46)は「銭湯やサウナ好きは全国にいる。姫路まで来られない人たちに届けられたら」と話している。

 1955(昭和30)年創業。新型コロナウイルス感染症が拡大する中、森元さんは「持ち帰りを始める飲食業に対して、銭湯には新たな試みや発信できることが少なかった」といい、少しでも収益につなげようと独自商品を作った。

 キーホルダーは、数字の読みを「銭湯」にひっかけた「1010」をあしらった下足札型と、風呂場で背中を流す鳥獣戯画風のカエルとウサギを描いたアクリルタイプの2種(いずれも650円)。森の湯のロゴ部分が色違いのタオル(370円)も3種類を用意した。

 ホームページから購入サイトへ移動できる。送料は別途必要。森の湯TEL079・222・4174

(段 貴則)

姫路の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ