姫路

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県の姫路・西播地域は8月、記録ずくめの猛暑に見舞われた。神戸地方気象台によると、最高気温の月平均は姫路34・7度と統計開始以来、最も高かった。月間降水量は家島で20年ぶりにゼロだったほか、姫路1・5ミリ、上郡4・0ミリなど極端な少雨も特徴だった。

 8月は中旬から暑さが一層厳しさを増し、うだるような残暑となった。姫路では15日以降、35度以上の猛暑日が計14日間にも上った。日別の最高気温では8月31日に観測史上1位の38・0度を観測。このほか21日には福崎で38・3度、17日には一宮(宍粟市)で38・1度に達し、ともに統計上3番目の記録となった。

 一方、夏の夕立やゲリラ豪雨はほとんどなく、姫路の月間雨量は1・5ミリと統計では最も少なく、平年値に対する割合は1・5%だった。福崎は14ミリで平年の12%、最も多い一宮は38ミリで23%だった。(小林良多)

姫路の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ