姫路

  • 印刷
約900枚のうちわが飾られたJR姫路駅の中央地下通路=姫路市駅前町
拡大
約900枚のうちわが飾られたJR姫路駅の中央地下通路=姫路市駅前町

 兵庫県姫路市内の保育園児や幼稚園児が新型コロナウイルスの収束を願って手作りしたうちわ約900枚が、JR姫路駅中央地下通路に飾られている。「マスクをはずしてあそびたい」「コロナがなくなりますように」。記されたメッセージはどれも素直であどけない。展示は10月15日まで。

 姫路駅北にぎわい交流広場を運営する一般社団法人「ひとネットワークひめじ」が市と連携して企画した。これまで毎年6月には、「姫路ゆかたまつり」の晴天を祈願して園児たちが作ったてるてる坊主約千個を展示していたが、今年は中止となったため、代わりにコロナ収束の祈りを込めたうちわを飾ることにした。

 作品は天井からつるされ、通路を吹き抜ける風にゆらゆら。裏面には色とりどりのイラストや似顔絵も描かれ、通り掛かった人たちが足を止めて見入っていた。(安藤真子)

姫路の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ