姫路

  • 印刷
長寿を祝うくす玉を割ったオタリアのビッキー=姫路市立動物園
拡大
長寿を祝うくす玉を割ったオタリアのビッキー=姫路市立動物園
フルーツケーキをほおばるワオキツネザルのチョコ=姫路市立動物園
拡大
フルーツケーキをほおばるワオキツネザルのチョコ=姫路市立動物園
花束に見立てた特製のエサをもらったアオウミガメ=姫路市立水族館
拡大
花束に見立てた特製のエサをもらったアオウミガメ=姫路市立水族館

 「敬老の日」の21日、姫路市立動物園(兵庫県姫路市本町)と市立水族館(同市西延末)で長寿の動物にお祝いの食事がプレゼントされた。4連休を楽しむ親子連れらが、好物をほおばる動物たちの姿を笑顔で見守った。

 動物園ではこの日、25歳を迎えた雌のワオキツネザル「チョコ」と、推定22歳という雌のオタリア「ビッキー」が主役に選ばれた。どちらも人間の年齢では高齢に当たるという。

 チョコは歯が3本しかなく、柔らかく仕上げたフルーツケーキが贈られた。今年孫が産まれたというビッキーは、くす玉を割る芸を成功させ、中に入っているアジやサバに夢中になった。

 大津茂小5年の男子児童(11)は「動きが速くておばあちゃんには見えない。元気に長生きして」とビッキーの様子を見守った。

 一方、水族館でお祝いをもらったのは推定56歳のアオウミガメ。開園に合わせてやってきた長老的な存在で、日本動物園水族館協会に加盟する施設では最高齢という。ブロッコリーやレタス、かんぴょうなどを組み合わせた特製の“花束”に元気良く食いついた。

 加古川市から訪れた男子児童(12)は「人と同じようにお祝いをもらって大事にされている。飼育員さんの愛情を感じた」と話した。(小林良多、安藤真子)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ