姫路

  • 印刷
姫路城で初開催となる忍者イベントのポスター(姫路市提供)
拡大
姫路城で初開催となる忍者イベントのポスター(姫路市提供)

 世界文化遺産・国宝姫路城(兵庫県姫路市本町)で10月30日から、忍者をテーマにしたイベントが開かれる。夜の城を舞台に、演舞集団が殺陣や舞などのパフォーマンスを繰り広げるほか、最先端のデジタル映像や音楽も駆使して幻想的な空間を演出。同1日から前売り券を販売する。

 「HIMEJI CASTLE NINJA NIGHT 2020」。夜間イベントを開くことで観光客の宿泊につなげようと、姫路市が企画した。

 有料区域内の各スポットを巡りながら演出を楽しんでもらう仕掛けで、見学時間は約1時間。備前丸では大天守の石垣をスクリーンに見立てて映像や音楽を流し、演舞集団による忍者ショーを催す。ルートの一部は夜間初公開といい、将軍坂と二の丸ではミストやシャボン玉を使って独特な空間を出現させる。

 市によると、姫路城下に忍者がいたという明確な記録はないが、存在を推測させる「忍町」の地名が残る。担当者は「インバウンド(訪日外国人客)の回復後を見据え、新しい観光のコンテンツとして売り出していきたい。昼とは違う姫路城を楽しんでもらえたら」と話す。

 1日当たり約千人の入場を見込んでいるが、混み合う場合は新型コロナウイルス対策で制限する可能性もある。

 11月8日まで。午後6~9時。大人千円、小学生-高校生300円。前売り券は2割引きで、コンビニの発券機などで購入できる。市観光推進課TEL079・221・2121

(小川 晶)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ