姫路

  • 印刷
満開を迎えた赤そば畑=姫路市香寺町恒屋
拡大
満開を迎えた赤そば畑=姫路市香寺町恒屋

 兵庫県姫路市香寺町恒屋、温泉施設「香寺荘」近くの畑約1ヘクタールで、赤そばの花が満開を迎えた。18日にはレトロな車やかかしを飾った臨時の撮影スポットが設けられ、関連行事としてニホンミツバチの巣箱作り体験会も開かれる。

 そば畑は地元の農業生産法人「アグリ香寺」が2018年に整備。谷あいの畑で水が引きにくいため、乾燥に強い赤そばを栽培している。丈は約30センチで、じゅうたんを敷いたようにピンクの花が一面に広がる。

 「今年は特にきれいに色づいた」と同法人の坂口芳朗・北恒屋支店長(71)。来場者が写真撮影を楽しめるよう三輪自動車「ミゼット」1台と「奥播磨かかしの里」(同市安富町)のかかし3体を畑に並べる。

 また、ニホンミツバチの蜜源として赤そば畑を活用中の住民グループが、18日に巣箱作りを指導する。香寺総合公園スポーツセンターの体育館で午前9時~午後3時。参加費4千円。4年生以上の小学生と保護者が対象で先着20組40人。(井上太郎)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ