姫路

  • 印刷
ドラフト会議で指名を受け、報道陣にスイングを披露した小深田大地さん=履正社高(撮影・有島弘記)
拡大
ドラフト会議で指名を受け、報道陣にスイングを披露した小深田大地さん=履正社高(撮影・有島弘記)
プロ野球のドラフト会議でDeNAから4位指名を受けた小深田大地さん。姫路の飾磨小、飾磨中部中の出身だ=26日午後、履正社高(撮影・有島弘記)
拡大
プロ野球のドラフト会議でDeNAから4位指名を受けた小深田大地さん。姫路の飾磨小、飾磨中部中の出身だ=26日午後、履正社高(撮影・有島弘記)
今夏の交流試合で甲子園球場のマウンドに立つ嘉手苅浩太さん
拡大
今夏の交流試合で甲子園球場のマウンドに立つ嘉手苅浩太さん
中学時代の大会でホームランボールを受け取る小深田大地さんと、笑顔を浮かべる嘉手苅浩太さん(右から3人目)=姫路アイアンズ提供
拡大
中学時代の大会でホームランボールを受け取る小深田大地さんと、笑顔を浮かべる嘉手苅浩太さん(右から3人目)=姫路アイアンズ提供

 26日のプロ野球ドラフト会議で、兵庫県姫路市ゆかりの高校生に吉報が届いた。履正社高校(大阪府豊中市)3年小深田(こぶかた)大地さんがDeNAから4位指名、日本航空石川高校(石川県輪島市)3年嘉手苅(かてかる)浩太さんはヤクルトから6位指名を受けた。2人が中学時代に所属した硬式野球チーム「姫路アイアンズ」の指導者や中学校の恩師からは、祝福や今後の活躍に期待する声が上がった。(田中宏樹)

 小深田さんは小学校時代に軟式チームでプレーし、飾磨中部中から履正社高に進学。昨夏の甲子園大会は現阪神の井上広大選手と中軸を担い、同校の初優勝に貢献した。

 嘉手苅さんも地元の軟式チームで競技を始めた。広畑中から日本航空石川高へ進み、今夏に甲子園球場であった交流試合にエースとして出場した。

 「うれしいの一言に尽きる」。2人を指導した姫路アイアンズの川端秀宣(ひでのぶ)監督(60)は教え子の快挙に目を細めた。本人たちから26日夜に電話で報告を受け、「絶対に勘違いせず、地に足を着けて努力し続けてほしい」と伝えたという。

 同チームからプロ選手が誕生するのは2人が初めて。川端監督は「目標としていた世界でしっかり勝負し、息長く活躍できる選手になってほしい」と願う。

 現チームで主将を務める藤井卓(すぐる)さん(15)=多可町立中町中3年=は身近な先輩2人の指名に驚き、「僕も甲子園出場という目標を普段から意識して練習に取り組みたい」と刺激を受けていた。

 小深田さんを飾磨中部中で3年間担任した梅崎有加教諭(43)=現香寺中=は「野球に対してとても真面目だった」と振り返る。練習がない日も放課後に素振りやランニングで鍛えていたといい、「プロで注目を浴びても、持ち前の一生懸命な姿勢を大切にしてほしい」とエールを送る。

 ドラフトでは、飾磨中部中で小深田さんと同級生だった京都国際高校(京都市)3年の釣寿生(じゅい)さんもオリックスから育成4位で指名された。梅崎教諭は「2人が活躍する姿を球場まで見に行きたい」と声を弾ませた。

 小深田さんの母美子(よしこ)さん(53)は「指導者や仲間、学校の先生など多くの人に育ててもらい本当に感謝している。子どもから年配の人までたくさんの人に応援してもらえる選手になってほしい」と涙ながらに語った。

姫路の最新
もっと見る

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ