姫路

  • 印刷
動画を見せながら、中学生にノートの活用法を説明する竹下佳江さん=飾磨中部中学校
拡大
動画を見せながら、中学生にノートの活用法を説明する竹下佳江さん=飾磨中部中学校

 バレーボールVリーグ1部(V1)女子の「ヴィクトリーナ姫路」を運営する姫路ヴィクトリーナは、元五輪選手らが一流の技術を伝える「ヴィクトリーナと動画でまなぶ バレーボールノート」を作成した。16日には贈呈式があり、球団副社長の竹下佳江さん(42)が飾磨中部中学校(兵庫県姫路市飾磨区細江)の女子バレーボール部員に活用法を説明した。

 ノートではイラストを交え、パスやサーブなどの基本動作と練習法を解説。記載されたQRコードを読み取ると、竹下さんや井上香織さん(38)=同県豊岡市出身=ら元日本代表選手の実演も動画で視聴できる。

 竹下さんは自身がオーバーハンドパスの技術を説明する動画を流し、飾磨中部中の部員たちに「私たちのプレーの動きにトライして」と呼び掛けた。キャプテンの2年大橋萌花さん(14)は「ノートには基礎が詳しく書かれているので、技術の向上に役立てたい」と話した。

 ノートは市バレーボール協会の吉田紀(おさむ)会長(71)にも手渡された。今後、播磨地域で競技に励む小中学生約3千人に配られる。

 また同社は、希望する県内の小中学生にも無料で配布する。姫路ヴィクトリーナTEL079・287・6522

(田中宏樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ