姫路

  • 印刷
20年ぶりに掘り起こされたタイムカプセル=姫路市西延末、市平和資料館
拡大
20年ぶりに掘り起こされたタイムカプセル=姫路市西延末、市平和資料館

 2001年1月18日にあった成人記念行事で、兵庫県姫路市平和資料館(同市西延末)の玄関横に埋められたタイムカプセルが25日、20年ぶりに掘り起こされた。未来の自分や家族に宛てた手紙を入れた同市職員ら約10人が開封を見守り、手紙を読み直して当時を懐かしんだ。(地道優樹)

 21世紀最初の年に成人した市民のメッセージを20年後に届けようと企画された。市職員が地面の金具を取り外すと、ボール形の白いカプセルが泥水をかぶって現れた。中には新成人や保護者がつづった手紙718通がビニール袋に包まれて保管されていた。

 一緒に入れられた雑誌は、モーニング娘やサッカー元日本代表の中田英寿さんらを特集。姫路市の広報誌は2000年の10大ニュースに「姫路みなとドームがオープン」などを取り上げている。当時使われていたガラケーや、堀川和洋市長(故人)のメッセージも添えられていた。

 姫路市会計課主任の女性(40)は、母親(67)への感謝を照れながらつづった手紙と再会。「あの頃に戻れるなら、お父さんにも書いてあげたい」と苦笑した。

 当時は入庁して2年目。現在は3歳と5歳の姉妹の子育てに追われる母親になった。「私も同じことをしてもらったんだなと痛感した。娘と一緒に親孝行したい」とほほ笑んだ。

 20歳の自分からの手紙を受け取った姫路市人事課係長の男性(40)は「社会人になってしんどいこともあったが、石の上にも3年と自分を奮い立たせたのを思い出した。次の20年も頑張らなきゃ」と話した。

 他の手紙は来年1月下旬に郵送する予定。手紙以外の収納物は1月11日、成人式会場の市文化センターで展示する。

姫路
姫路の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 5℃
  • 1℃
  • 20%

  • 1℃
  • -1℃
  • 80%

  • 5℃
  • 2℃
  • 10%

  • 4℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ