姫路

  • 印刷
近畿中学ソフトテニス選抜インドア大会で優勝した大津中の男子テニス部=姫路市大津区長松
拡大
近畿中学ソフトテニス選抜インドア大会で優勝した大津中の男子テニス部=姫路市大津区長松

 大津中学校(兵庫県姫路市大津区)の男子ソフトテニス部が、昨年12月末に滋賀県で開かれた「第37回近畿中学生ソフトテニス選抜インドア大会」の団体戦で優勝した。個人戦でも米川雅翔選手(14)と結城琉衣選手(14)のペアが頂点に立った。

 2府4県の代表校が出場し、個人戦では96組が戦った。同校はこれまで県総体を3連覇している強豪校だが、近畿大会で男子ソフトテニス部が団体、個人ともに制覇するのは初めて。

 団体戦の決勝は守山中(滋賀県)が相手で、ペア3組が対戦。初戦を落とし、第2試合も緊迫した局面が続いた。最終第7ゲームの開始直後に大村泰智選手(14)がサービスエースを決めて試合の流れをつかみ、7-2で制した。

 第3試合は4ゲームを連取し、優勝を決めた。キャプテンの米川選手は「『多少のミスは恐れず、みんなで大胆に向かっていこう』と声を掛けた。このチームで優勝できて本当にうれしい」と笑顔を見せた。

 個人戦の決勝は、一昨年の準決勝で敗れた上宮学園(大阪府)とのリベンジ戦となった。何度かマッチポイントをつかんだが、相手が粘りを見せ、第7ゲームに突入。前衛の結城選手も果敢に攻め、振り切った。

 上野敦史監督は「どのチームよりも声を掛け合った。『ナイスボール』『なに下向いてんねん』と、良いことも悪いことも伝え合ってきた」と話す。昨年はコロナ禍で全国大会が中止されたことを踏まえ、選手たちは「今年は全国で優勝したい」と口をそろえた。(安藤真子)

姫路
姫路の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 70%

  • 9℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ