姫路

  • 印刷
緊張した表情で入学式に臨む新入生=姫路市医師会看護専門学校
拡大
緊張した表情で入学式に臨む新入生=姫路市医師会看護専門学校

 姫路市医師会看護専門学校(兵庫県姫路市御立西5)で3日、入学式があった。看護の道を志す新入生80人が夢への第一歩を踏み出した。

 同校は地域医療を担う看護師の養成を目的に2005年に開校。全日制で3年間学ぶ。今春卒業した74人は全員が国家試験に合格し、うち8割が同市内の医療機関に就職した。

 式では、マスク姿の新入生らを前に、山本一郎学校長が「病める人に寄り添い、思いやりの心を持った看護師になってほしい」と激励。在校生代表の山本渚さん(23)も「コロナ禍だが、多くの人の支えで私たちも学ぶことができている。充実した学生生活を送って」と歓迎した。

 入院時にケアを受けた経験から志したという新入生代表の矢村舞桜(まお)さん(18)=同市=は「患者さんだけではなく、その家族も気遣えるような看護師になりたい」と誓っていた。(森下陽介)

姫路
姫路の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ