姫路

  • 印刷
新たに設置された姫路北部地域の案内パネル=姫路市書写
拡大
新たに設置された姫路北部地域の案内パネル=姫路市書写

 兵庫県姫路市北部地域の見どころを紹介する案内パネルがこのほど、書写山ロープウェイ(同市書写)の券売機前にお目見えした。設置したのは、地域の宿泊業や飲食業者らなどからなる「夢前ゆめ街道づくり実行委員会」。新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言後の観光客誘致を目指す。

 同実行委は、姫路市と神河町を結ぶ県道67号線(愛称・ゆめ街道)沿いの活性化を目指して活動している。今回もその一環で、これまでにも同市夢前町や周辺の観光施設計8カ所に同様のパネルを設置している。

 パネルでは、地図とともに地域の名所28カ所を紹介。「播州きっての名峰 雪彦(せっぴこ)山」や「人?いいえ、かかしです 奥播磨かかしの里」など簡単な説明も添えた。新たに安富地域も地図に加わり、より広い範囲をPRしている。

 同実行委の衣笠愛之(よしゆき)さん(59)は「北部地域を訪れる観光客はまだそれほど多くない。パネルで少しでも魅力が伝われば」と話していた。(森下陽介)

姫路
姫路の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ