姫路

  • 印刷
大恐竜博が予定されていた1階展示場。奥の区画は県の集団接種で使用される(姫路市提供)
拡大
大恐竜博が予定されていた1階展示場。奥の区画は県の集団接種で使用される(姫路市提供)

 兵庫県姫路市は31日、市文化コンベンションセンター「アクリエひめじ」(同市神屋町)で8月に予定していた「姫路大恐竜博」を、2022年3月下旬に延期すると発表した。県が新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場を設置する期間と会期が重なるため、来館者の「密」を防ぐ観点から判断した。7月には姫路出身の世界的デザイナー・故高田賢三さんの追悼展も計画されており、こちらはアクリエ内で会場を変更する。

 県の集団接種会場となるのはアクリエ1階にある展示場の一角で、1230平方メートル。6月10日から予約を受け付け、21日から接種を開始するという。

 その展示場では8月6日から15日まで、実物大の恐竜模型や化石が並ぶ特別展が計画されていたが、県から集団接種会場としての使用を打診され、市は対応を協議。コロナ禍の収束が見通せない現状も踏まえて延期を決めた。

 一方、高田さんの追悼展については、会場を1階から4階の会議室に移し、7月11日から8月15日まで開催する。内覧会もあり、当初は7月11日と16~18日の計4日間の予定だったが、参加者の分散を図るため24、25日も追加する。

 市の担当者は「恐竜博は来年3月に日程をずらすことで、安心して多くの人に足を運んでもらいたい」としている。(田中宏樹)

姫路新型コロナワクチン
姫路の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 30℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ