姫路

  • 印刷
アクリエひめじで始まった県のワクチン大規模接種=姫路市神屋町
拡大
アクリエひめじで始まった県のワクチン大規模接種=姫路市神屋町

 21日には兵庫県姫路市神屋町の市文化コンベンションセンター「アクリエひめじ」で、県が実施する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種も始まった。初日は市内の65歳以上約400人が1回目の接種を受けた。県によると、7月18日までの第1期は予約枠に空きがあるという。

 使用するワクチンは米モデルナ製。接種は午前9時半から始まり、検温や問診を受けた高齢者がパーティションで区切られた五つのブースで注射を受けた。市の個別接種を前倒しした同市の女性(73)は「孫が生まれたばかりで急いでいた。7月中に2回目も終えられそうなので助かる」と安どの表情を見せた。

 アクリエ会場は、県のウェブサイト「新型コロナワクチン大規模接種特設ページ」から予約できる。専用コールセンターTEL078・360・0101(午前9時~午後6時、土日祝日も対応)

(井上 駿)

姫路新型コロナワクチン
姫路の最新
もっと見る
 

天気(7月29日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ