姫路

  • 印刷
国宝 太刀 銘 国行(来) 鎌倉中期(刀剣博物館蔵、日本美術刀剣保存協会提供)
拡大
国宝 太刀 銘 国行(来) 鎌倉中期(刀剣博物館蔵、日本美術刀剣保存協会提供)
刀剣の美を連想させる写真作品「海景」の前に立つ杉本博司さん=姫路市立美術館
拡大
刀剣の美を連想させる写真作品「海景」の前に立つ杉本博司さん=姫路市立美術館

 平安時代から現代までの日本刀を集めた特別企画展「日本の心象 刀剣、風韻、そして海景」が、兵庫県姫路市本町の市立美術館で開かれている。人気ゲーム「刀剣乱舞(とうけんらんぶ)」で擬人化された国宝「明石国行(あかしくにゆき)」や、4点の国重要文化財を含む約50点を年代順に展示。焼き入れの際に刀身に生まれる模様「刃文(はもん)」に焦点を当て、美術品としての刀剣の美と技を伝える。9月5日まで。(地道優樹)

 同館の刀剣展としては過去最大規模の展示。平安-室町時代の「古刀(ことう)」、慶長(けいちょう)元年(1596年)-幕末の「新刀(しんとう)」、廃刀令が出た明治時代以降、の3期に分けて並べている。

 国宝の「明石国行」は、鎌倉時代に打たれた刃渡り約76センチの名刀。直刃(すぐは)と呼ばれる真っすぐな刃文が浮かび、密教法具の三鈷柄剣(さんこづかけん)が精細に刻まれている。江戸時代には明石藩主の松平家に代々受け継がれた。

 古刀20点のうち、最も古いのは平安後期に作られた国重要文化財「正恒(まさつね)」だ。武士が政権を握った鎌倉時代以降の刀に比べて反りが大きく、切っ先が小さいのが特徴。刃文には波打つような「のたれ」が見られる。

 新刀は、江戸時代を代表する名刀「長曽祢虎徹(ながそねこてつ)」などが並ぶ。江戸中期以降は刃文が派手になり、焼き入れの技で桜の花びらを浮かび上がらせた脇差しも。姫路藩主の酒井忠恭(ただずみ)が自ら打った刀や、姫路市夢前町に工房を構える現代の刀工・明珍宗裕(むねひろ)さんの近作など、姫路ゆかりの刀剣も紹介している。

 「日本刀の美」を連想させる作品として、現代美術作家杉本博司さん(73)の写真シリーズ「海景」の7点も展示。世界各地の海や湖と空を同じ構図で撮影した。「日本刀の切っ先から伸びる柔らかな線と、水平線には呼応するものがある」と杉本さんは話す。「ボーデン湖」(縦1・2メートル、横1・5メートル)は世界的ロックバンド「U2」のアルバムジャケットになった。

 美術館の前庭では音と光によるインスタレーション(空間芸術)「たまはがねの響」を展開。姫路の伝統工芸品「明珍火箸(みょうちんひばし)」の澄んだ音色を素材に作曲家菅野由弘(よしひろ)さんが創作した曲を、樹上など庭内13カ所のスピーカーで反響させている。

 一般1200円。午前10時~午後5時。原則月曜休館。国宝と一部の国指定文化財の展示は8月1日まで。同館TEL079・222・2288

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ