姫路

  • 印刷
姫路東高で練習に励む姫路飾西高との合同チーム=姫路市本町
拡大
姫路東高で練習に励む姫路飾西高との合同チーム=姫路市本町

 部員がたった1人の姫路飾西高校(兵庫県姫路市飾西)演劇部と、廃部の危機にあった姫路東高校(同市本町)演劇部がタッグを組み、7日にあいめっせホール(同市本町)で開かれる高校生によるコント劇コンテスト「ショウゲキ・バトルvol.8」に出場する。帰宅部をテーマにした劇で笑いの渦を巻き起こそうと、メンバーは表情や立ち位置にまでこだわり、本番に向けて練習を重ねている。(安藤真子)

 飾西高唯一の演劇部員は2年の土居美幸さん(16)。今春は先輩部員の引退後に新入生の加入がなく、1人で活動を続けてきた。

 一方、東高は2018年度に「演劇同好会」が発足し、翌年度に1年生だった現部長の長岡祥太郎さん(18)が入会。20年度には演劇部となったが、新型コロナウイルスの影響で活動がほとんどできないまま当時の3年生は卒業した。

 部員は長岡さん1人となったが、本年度に1年生4人が入部。5月には「ショウゲキ-」への参加を決め、帰宅部を題材とした「うちの部の事情」を演じることになった。だが、演じ手が1人足りず、飾西高の土居さんが加わった。

 「うちの-」は帰宅部員による「重大な規律違反」を巡り部員がぶつかり合いながら、同部員としての誇りを高めていく物語。東高の長岡さんが監督を務め、両校の部員で話し合い観客に面白さが伝わる演出を練った。

 本番は県内の15チームが出場する予定。観客が各チームの作品を「面白さ」や「感動」などの項目ごとに1~4点で採点し、審査員との合計点で競う。

 メンバーは「みんなで一つの劇を作り上げる楽しさがある。思う存分はっちゃけて、やるからには1位を目指す」と意気込んだ。

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(9月27日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ