姫路

  • 印刷
ハウス内にはオシャレな旧車も並ぶ=姫路市兼田
拡大
ハウス内にはオシャレな旧車も並ぶ=姫路市兼田
ブドウ狩りを楽しむ園児たち=姫路市兼田
拡大
ブドウ狩りを楽しむ園児たち=姫路市兼田

 兵庫県姫路市北条永良町の複合商業施設「アーブルマーケット」などを展開するMOKUグループが今夏、同市兼田に観光ブドウ農園「mokufarm」(モクファーム)を本格オープンさせた。後継者がいない農家から農地を取得し、独学で無農薬栽培に挑戦。新型コロナウイルス禍に伴い、今シーズンの観光ツアーの受け入れは中止したが、農業を通じた地域活性化の拠点を目指している。

 同グループの植月公千代表らが昨年「素人農業家」として始めた。市川沿いのハウスで、大粒の実が特徴の品種「藤稔(ふじみのり)」を栽培。フランスの田舎をイメージしたレンガ造りの小屋を玄関とし、ハウス内に1960年代の欧州の旧車を並べ、従来の農園とはひと味違った雰囲気を演出している。

 今夏は中止したツアーに代わり、保育園児たちがブドウ狩りを楽しんだ。来シーズンは、タイなどでおなじみの三輪自動車「トゥクトゥク」で姫路駅と農園間を送迎する。地元の若者や農家とも連携し、農業振興や地域活性化につなげる。

 「来年こそは」と意気込む植月さんは「民泊客が自ら無農薬野菜を収穫して食べるなど、農業が盛んな兼田の魅力を高めることで、若者が定着できる環境をつくりたい」と話している。農園情報はインスタグラムで発信している。(段 貴則)

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(10月29日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

  • 21℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ