姫路

  • 印刷
姫路市が未接種者に送付するワクチン接種の勧奨はがき(市提供)
拡大
姫路市が未接種者に送付するワクチン接種の勧奨はがき(市提供)

 若年層の新型コロナウイルスワクチンの接種促進に向け、兵庫県姫路市は10~30代の未接種者約4万7千人に案内はがきを送る。市は19日正午から受け付けを始める約3千人の予約分以降は規模を縮小する方針で、希望者は今回の枠で予約するよう呼び掛けている。

 はがきには、県の大規模接種会場(姫路競馬場)や、姫路市の予約サイトのQRコードを掲載しており、20日に発送する。

 市によると、今月12日時点で12歳以上の78%が1回目の接種か予約を済ませている。年代別では、10代=53%▽20~30代=66%▽40~50代=78%▽60~70代=90%▽80歳以上=97%-となっており、7割に満たない10~30代の接種促進に重点的に取り組む。

 10代の中でも、12~16歳の接種が進んでいないといい、市は19日予約分から専用の接種会場を20会場に増やし、約1300人分を割り当てる。1回目の日程は31日以降で、米ファイザー製のワクチンを使用する。

 予約は専用サイトか、コールセンター(TEL050・5526・1090)で受け付ける。19日には各医療機関に申し込む個別接種計2千人分の予約も始まる。

 一方、JR姫路駅南側の「じばさんびる」では今月21日と28日、来月4日の3日間、集団接種の予約枠に空きがあれば当日受け付けでも対応する予定だったが、枠が埋まったため取りやめた。(井上 駿)

姫路新型コロナワクチン
姫路の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ