姫路

  • 印刷
セルフ写真館で撮影を楽しむ利用者=姫路市本町
拡大
セルフ写真館で撮影を楽しむ利用者=姫路市本町

 リモコンを使い、好きなタイミングでシャッターを切ることができるセルフ写真館「トッテ」が、兵庫県姫路市本町にオープンした。市内初といい、仕上がりはおしゃれなモノクロに。一眼レフカメラや照明など機材はプロ仕様ながら「写真シール(プリクラ)感覚で楽しめる」と、若者を中心に人気を広げつつある。

 姫路城の南側で時代劇をテーマにした扮装スタジオ「夢織館」を営む三共メンテックが運営する。新型コロナウイルス流行前は、忍者や武士の衣装で姫路城などを散策する「変身体験プラン」も人気だったが、顧客の大半を占めていたインバウンド(訪日外国人客)が激減したため一時縮小。空いたスペースを活用してセルフ写真館を開いた。

 撮影ブースには大型のモニターがあり、そこに写った姿を見ながらリモコンでシャッターを切る。撮影を楽しめるよう、椅子や帽子、かわいらしいハート型の風船など無料で使える小道具もそろえる。

 高校時代の同級生とそれぞれの子どもを連れて訪れた加古川市の女性(33)は「まるでプリクラ感覚。子どもたちの写真をモノクロで残せるのもいい」と笑顔を見せ、さまざまなポーズで撮影していた。

 三共メンテックの平本エリカ代表(57)は「コロナ禍でなかなか会えなかった家族に贈る写真や、2世代、3世代の記念写真など幅広く利用してもらいたい」と話す。

 10分撮り放題で、料金は2人まで2千円。3人目以降は追加で1人千円。写真は3枚まで選べる。要予約で、関連サイト「姫小路」で受け付けている。(安藤真子)

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ