姫路

  • 印刷

 明治、大正期に播磨と但馬を結んだ日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」を題材に、小中学生から募集した「川柳コンテスト」の入賞作品6点が決まった。最優秀賞には、兵庫県福崎町立田原小5年の大石隆太君が作った「推しの道 僕の故郷 日本遺産」が選出された。

 「銀の馬車道」は同県姫路市の飾磨津(現姫路港)と同県朝来市の生野鉱山をつないだ全長約49キロの馬車専用道路。明延、生野、神子畑、中瀬の4鉱山のエリアは「鉱石の道」と名付けられている。

 作品は、銀の馬車道ネットワーク協議会(事務局・中播磨県民センター)が沿線6市町の小学4年~中学3年を対象に募り、79人から121点が寄せられた。(井上 駿)

 ほかの入賞作品は次の通り。

 【優秀賞】左納来実さん(市川・鶴居小4年)=家の前 銀の馬車道 うれしいな▽松本あかりさん(姫路・飾磨小5年)=この風景 荷馬車の馬も 見たのかな

 【審査員特別賞】谷垣龍之介さん(養父・八鹿青渓中3年)=馬車走る しろがねの道 走ろかね▽堀川瑠唯さん(福崎・福崎東中2年)=学校へ 行くこの道は 歴史道▽多田龍将君(姫路・船津小6年)=銀の馬車道 大沢立場 船津瓦のシャチホコと。

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ