姫路

  • 印刷
ちょい飲み手帖をPRする居酒屋の店主ら=姫路市豆腐町
拡大
ちょい飲み手帖をPRする居酒屋の店主ら=姫路市豆腐町

 新型コロナウイルス禍で苦境が続いた居酒屋を盛り上げようと、千円で酒が楽しめる「せんべろセット」を集めた「ちょい飲み手帖(てちょう) 姫路版」が発売された。姫路駅(兵庫県姫路市)周辺エリアの59店舗が協力。通常なら1200円以上という各店自慢の酒と料理のセットがお得に味わえる。

 ちょい飲み手帖は神戸や大阪など全国5都市で既に展開されており、姫路は6番目。手帖は1人1冊必要で、注文時と会計時に店員に提示するとセットの割引が受けられる。

 姫路版は有志らでつくる実行委員会が編集を担当し、販売促進事業を手掛ける「SRCパートナーズ」(神戸市)の協力で発行した。中心となったのは、居酒屋の紹介ブログを執筆している姫路在住の内海昌見さん。行きつけの店を巡りながら店主へ手帖への参加を依頼し、取材も1人でこなした。

 セットの内容は店舗によってさまざまで、手帖ではその詳細に加え、お薦めのメニュー3選や店長の一言なども掲載した。なじみの薄い店にも興味を持ってもらおうと工夫を凝らしたといい、内海さんは「コロナ禍が終わるまでの助走期間として、短時間・少人数でちょい飲みを楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 1冊1100円。使用期間は11月26日~来年3月24日。1店舗3回まで。書店やコンビニ、インターネットで販売する。(森下陽介)

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 14℃
  • 2℃
  • 10%

  • 13℃
  • 7℃
  • 50%

  • 13℃
  • 6℃
  • 60%

お知らせ